会社ってクソ?

最近、会社に勤めることを社畜と言って
社畜でなく自由な働き方をしよう
みたいなのがもてはやされている。

好きな時間に好きな場所で
仕事しよう。
海外の海辺で仕事してる
画像を載せて
こんな生活どうですかみたいな。

私も以前はそう思っていた。

会社の方針に従って決められたことをやる。
そこには個人の自由なんてまったくない。
まるでロボットみたいだと。

 

また大学に行くのもクソみたいな。
意見を持つ人もいる。

大学に行っても何も得るものはない。
特に日本の大学はみたいな。
大学行くくらいなら、自分で生活できる
術を身につけたほうがいい。
どうやったらお金を稼ぐことが出来るか
といったノウハウなど。

 

人それぞれの意見なので
私はそれらを否定するつもりはない。

 

でも私は最近こう考える。

自由な働き方が出来ない。
何も学べないって
会社や大学が悪いんだろうか。

全ては自分の意識のありよう

私は、最近そう思うようになった。

会社での仕事に自由がないと
思っているのは自分。

大学で何も学べないと
思ってるのも自分。

全ては自分がそう思ってるだけ。

それは過去の自分の経験や
色々な情報をもとに
自分の思考がそう考えてるだけ。

 

自分が思っているだけっていうことに
気がつかない限り、
フリーランスになっても
大学行かないで他に勉強しようと思っても
また同じように
何々はクソって考えるんじゃないかな。

会社は個人より大きいから、
情報や出会える人は個人より多い。

個人で人や情報を得ようとしたら
相当努力しないと得られない。
大学もそう。
って考えることもできるんじゃないかな。

会社や大学で
人や情報を自分で得ようとしなければ
得られない。
そこで得られない人が一人で得ようとしても
無理だと思う。

もちろん、そういうものを活用しないで
自分で得るっていうのもあり。

どちらにしても
得る気がなければ得られないと
最近強く思う。

もう少し広げていうならば
今に満足
感謝出来ない人が
自分の幻想である未来に満足を求めても
満足は得られない。

しっかり、
今の延長線上に未来を見据えることが大事。

そのためには
今自分の回りにあるものを
全て受け入れなくてはいけない。

過去ばかり
未来ばかり
見ていてはいけない。

自分が唯一アクセスできるのは今だけなんだから。

タイムマシンで過去や未来に行けたとしても
行けた先はその人にとって
過去でも未来でもなく今。

今しか存在しない。

過去も未来も自分の思考の産物
言い換えれば時間自体が自分の思考の産物。

実体はない。

自分がいる今を意識する。
そして
今ある全てのものを受け入れる。

会社をくそという人の
twitterでの投稿からそんなことを考えた。

 

 

関連記事

  1. 強く生きるとは(母の遺言の真の意味)

  2. カルロス・ゴーン容疑者逮捕劇で思ったこと

  3. セブンイレブン短縮営業

  4. 小豆のプチプチ

コメント

    • Wan Wan Nano-san
    • 2018年 12月 04日

    Twitterではそんなつぶやきがあるのですね。

    「会社なんてクソ」とつぶやいているのは、どんな人達なのかなぁ…
    そう思うのであれば自分でやればいいだけの話ですよねぇ。

    商才があったり、腕があったり、才能があるのなら、会社に勤める必要もありません。 ホリエモンやBill Gatesのように、就職せずに起業してしまう天才のような人もいるわけだし。

    でも、私のような凡人では、学校を卒業して、就職せず、いきなり一人で食っていけと言われても、無理だったと思います。
    私はサラリーマンから出発して、二度の起業に失敗してサラリーマンに戻り、今は小さな会社を経営していますが、サラリーマン時代の経験があったからこそ、今があると思っています。 いろんな会社で、いろんなこと経験して、失敗して、仕事の仕方であったり、ビジネスのマナーだったり、社会人としてのルールを身につけることができたと思っています。

    仕事の喜び、それは社長だろうと会社員だろうと、あまり関係ないと思います。
    組織になれば、仕事上の役割があり(社長だから偉いとか人格者とかだなんてことはまったくなくって)、それぞれが、その役割を担いながら、一人ではできない仕事の成果を出すことができる、それが組織(会社)なんじゃないのかなぁ。

      • nita-shigeyuki
      • 2018年 12月 04日

      コメントありがとうございます。承認遅れてすみません。「仕事の喜び、それは社長だろうと会社員だろうと、あまり関係ないと思います。」本当にその通りだと思います。仕事を一人でやるにしても組織に属するにしても「今この瞬間、瞬間に自分がどう在るか」が大事だと思います。実は仕事で何をなすかはそれほど重要ではなく、仕事を通じて自分がどう在るかのほうが重要ではないかと最近思っています。生れるときも死ぬときも人は何も持っていないのですから、持つことはさほど重要じゃないんじゃないかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。