スキルもない異業種へ転職できますか。

 

あなたは今異業種へ転職したいんですよね。
なぜ異業種なのかな。
理由は二つあるかな。
一つは「今の業種が嫌いだから。」
二つ目は「他にやりたい業種があるから。」

私は、商社・小売業・IT・不動産・外資系自動車会社・
人材派遣・介護・サービス・建設など本当にいろんな業種を経験したよ。
でも職種だけは総務・人事だけ。
これを変えることはしなかった。
私は業種より職種のほうが重要だと思ってる。

スキルが必要になったのは外資系自動車会社に入った時の英語かな。
この話は、「私の転職失敗談をお話しします。」
に書いてあるからそっちを見てね。

私の転職失敗談をお話しします。

では、「スキルもない異業種へ転職できますか」のお話をするね。

はっきりいって結論は
「あなたの覚悟しだいです。」

 

私は、長年のサラリーマンを辞めて
自分で仕事始めたんだけどなかなかうまくいかなかった。

当然サラリーマン時代とは違う経営者としての
マインド・スキルが必要になった。
うまくいかなくて、辛くなったとき自分で覚悟を決めていないと
「ああ、あの時独立しようなんて思わなければよかった。」
って思っちゃうんだよ。
「出来ないこと」を「したことのせい」にしちゃうんだな。

あなたにはあなたにしかない秘められた力があるんだよ。
これは私も他の人もみんな同じ。その人にしかない力。
英語でエンパワーメント
能力開花。つまり潜在的に持っている能力を引き出すっていう意味だよ。
もっと平たく言うと「火事場のばか力」だよ。
本当に切羽詰まると人間は思いもよらぬ力を発揮するんだよ。

私も外資系の自動車会社に入った時、
英語は必要ないって言われて入社したんだけど
必要ないのレベルが違っていて、必死に英会話の練習をしたよ。

そのかいがあって入社した時は
会社で受けさせられたTOEIC 400点台だったけど700点台までいった。
これってエンパワーメントだと思わない?

でもこれには条件があるんだよ。
本当にそれをしたいかっていうこと。
さっきいった覚悟があるかということ。

違う言葉で言えば退路をたてるか。後戻りしないと言えるか。

私で言えばたくさん転職したけど唯一この会社だけが好きだった。
この会社で働きたいと思ってたんだよ。
家庭の事情で辞めなければならなくなったけどね。

そう考えると最初にいった「今の業種が嫌いだから。」
という理由では覚悟は決められないよね。

二つ目の「他にやりたい業種があるから。」
本当に本当にそれをやりたいといえるかだよね。

京セラの稲盛和夫さんは「誰にも負けない努力をする。」っていってる。
地味な仕事を一歩一歩堅実に弛まぬ努力をする。

あなたにその覚悟があるかだよ。

私も一人でやろうと決めた時は不安だった。

でも私は、卒業するとき「サラリーマンだけはなりたくなかった。」
でも自分はほかに出来るものはないからとなってしまった。

いまここで自分の夢を実現しなくていつ実現するんだろう。
実現しなかったきっと死ぬときに後悔するって思って。
退路を断ったんだ。

あなたにもそこを考えてほしい。
人間、本当に決めた時、退路を断った時、道は開かれる

きっとあなたも、最初はすごい大変だと思うけど
スキルが無くてもその業種で立派にやっていけるよ。

大変さを楽しいと思えるくらいになったら立派だよ。

あのイチロウもスランプの時はひたすらバットを振り続けるんだって。

 

それではまた書くね。

バイバイ

ニタシゲユキ

関連記事

  1. 計画が実行できません。計画の立て方のコツ教えてください。

  2. 転職をする時、どのような経験やスキルが必要なんでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。